経営理念

経営理念

自転車の交通安全への取り組み

自転車交通安全スローガン
☆ 歩道では 歩行者優先 忘れずに
☆ 自転車もルールとマナーで事故防止

自転車安全利用五則


武蔵境自動車教習所では
・HONDA製の自転車シミュレーターを設置

自転車シミュレーター

・教習コース内に自転車を設置
コース内の自転車

・安全推進活動車に自転車の交通安全スローガンを掲示
安全推進活動車

以上の三点により、自転車の運転に対する安全マインドの向上に取り組んでおります。

自転車シミュレーターは、自動車やバイクを運転している人だけではなく、歩行者・自転車利用者等の、全ての“人”の安全に役立つ「ルールやマナーの学習」と「危険予測トレーニング」を楽しく学習して頂ける様、設置致しました。※1
加えて、教習コースに自転車を配置し、自動車・バイクからの見え方と、自転車等への意識をお客様に持って頂く為の取り組みも行っております。
※1)シミュレーター学習の今後の取り組みとして、地域の方々への一般公開を検討しております。

☆自転車マメ知識☆

1・自転車やバイクの左方から自動車の追い抜き(すり抜け)は、右折する自動車の横以外は道路交通法違反のため禁止

2・傘差し運転(傘を自転車に固定している場合には、積載制限違反になる為禁止)

3・携帯電話、音楽プレイヤーの使用は禁止

4・飲酒運転は禁止 【罰則】5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 ※酒に酔った状態で運転した場合

5・自転車での加害事故での損害賠償
● 自転車通学中の高校生が誤って歩行者に衝突し、脊髄損傷の重傷を負わせた。
【賠償金】 6,008万

● 女子高校生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行中、看護師の女性と衝突。女性には重大な障害が残った
【賠償金】 5,000万

● 街灯のない線路際の道で、自転車で帰宅途中の高校生が電車に気を取られて歩行者に衝突。歩行者は死亡
【賠償金】 3,912万

※警視庁HP 一部抜粋

チャリティーイベント

サマーフェスティバル

武蔵境自動車教習所では多くのチャリティーイベントを開催しております。花火大会・フリーマーケット・もちつき大会・安心安全環境フェアの4大イベントに加え、毎月教習所のロビーを開放してミニコンサートの開催をしています。売上金は東京車人基金として、全額寄付をさせて頂いております。
ご参加下さった皆様のおかげで、2009年末までに27,739,885円の寄付をさせて頂くことができました。ありがとうございます。

交通安全啓蒙

キッズセーフティーパーク

シートベルト横転体験をはじめ、教習所コースを使っての交通安全講習会「キッズセーフティーパーク」「高齢者講習会」等を行なっています。また、近隣大学での交通安全活動にも積極的に参加し、校内での講習会の実施などもしています。

エコキャップ活動

子供達の命を救うこと
外したキャップそのものを質の高い素材として、リサイクル業者にひきとってもらい、その売却益にてワクチンを購入し、世界の子供達の命を救うために活用できます。

その他にもCO2削減
武蔵境自動車教習所は積極的にキャップの回収を呼びかけ、皆様にご協力頂きました。皆様に協力して頂いた結果、82kgのキャップが集まり41人分のワクチンができました!武蔵境自動車教習所は引続きエコキャップ活動をしていきますので、ぜひご協力下さい。
ご協力頂きました皆様、本当にありがとうございました!!

このページの先頭へ

  • web申込み
  • 資料請求